Educational insurance Navi
学資保険について、基本から丁寧に解説!
クチコミやランキングでお薦めを紹介します!

【賢く選ぶ】アフラック(アメリカンファミリー生命)の特徴と傾向を分析

窓口をさがす

アフラックは、1974年に日本初のがん保険を発売した会社。
日本で最も契約されていると言っても過言ではない信頼と実績が豊富な保険会社です。

がん保険・医療保険が得意ですが、もちろん、学資保険も展開中。
信頼できる企業なので【将来への投資】という側面から考えても、極めてリスクが低く、安心して加入できるサービスと言えるでしょう。

アフラックの学資保険商品としては、「WAYS学資プラン」「アフラックの夢みるこどもの学資保険」などが代表的。
子供の将来の為に選びたい学資保険です。
進学プランにあわせて、計画的に教育資金を準備できるのがメリット!

その他にも、病気やケガを保証する医療保険も用意されています。
商品名は「ちゃんと応える医療保険」。
こちらは、名前の通り、医療保険の性質が強い商品です。
短期の入院や入院前後の通院などを保障するもの。

その為「学費を用意する」「利率の高い貯蓄」という学資保険本来のメリットを意識するなら、「WAYS学資プラン」「アフラックの夢みるこどもの学資保険」の方がお薦め。

いずれの場合でも、本当に自分にあったものを選びたいなら、専門のFP(フィナンシャルプランナー)やLP(ライフプランナー)に相談するのがお薦めです。
※最寄りのアフラック保険を取り扱っている窓口は、≪こちらのページ≫でチェックすることができます。

アフラックの口コミ・体験談(Sさんの場合)

「子供が生まれたら学資保険に加入するのが親の務め」
もともとそんな意識が強かったので、私にとって学資保険への加入はかなり自然なものでした。

私の場合は、返戻率だけじゃなくて特約も充実していたのでアフラックを選びました。
「特約に加入した状態での返戻率」を考えると、アフラックはかなり魅力的な保険商品だったのが選んだ理由です。
(窓口のFPの方の受け売りですが笑)

【加入のタイミング】
大学費用は少なくとも年間百万円出ていく(汗
ということを聞いていたので、準備は早めにしておくべきだと考えて妻の妊娠中から私がFPの方と相談して加入を決めました。
加入は早ければ早いほど良いと聞いていたので。

【Sさんのプロフィール】
年齢:31歳
性別:男性
世帯年収:520万円(会社員)
家族構成:妻(28歳)、長男(1歳)

一番のお薦めは【WAYS学資プラン】

WAYS学資プランは、非常に貯蓄性の高い終身保険。
活用用途の幅が広いのもポイントです。
解約払戻金を教育資金だけでなく、将来のニーズにあわせて柔軟に使うことができます。

大学入学のタイミングを満期として設定しても良いのですが、解約のタイミングを先送りにすることも可能。
契約期間が長ければ長いほど、返戻率が高くなるので、貯蓄性が非常に高くなります。

もし、大学入学のタイミングで満期金を受け取らずに済む余裕があれば、そのまま貯蓄を続ける…というのがお薦め。
その場合は、例えば、将来お子様が結婚するときの住宅購入援助資金や、自分たちの老後の生活費用などに解約払戻金を使うことができそうですね!

WAYS学資プランの詳細を解説

WAYSの最大の特徴は、経過年数によって戻り率が高くなるということ。
戻り率(返戻率)は、プランによって異なりますが、例えば、以下のような戻り率を想定することができます。
→15年:105.2%、18年:108.8%、30年:124.2%

契約期間が長ければ長いほどお得になっていくので、お子様の年齢が低いほどお薦めしたい学資保険です。
上記の数値で考えても、0歳で加入した場合は大学入学時の解約で18年経過しているので、戻り率は108.8%に!
他の保険会社のプランと比較しても、この返戻率はかなり優秀ですよ!

もちろん、保険としての機能も充実しています。
被保険者(親)に万が一のことがあった場合は、すぐに保険金が支払われます。
死亡した場合・高度障害状態に陥った場合にしっかりと備えることができます。

トップに戻る